2021年09月04日

忸怩

昨日菅首相の総裁選不出場の報を聞きました。前日までは粛々と出馬の準備をすると言って当の本人がです。その間に何があったのか私には知るよしもありませんが出処進退についてそれなりのことがあったと思われます。多分就任した一年前と真反対のことがあり行き詰まったということでしょう。ご本人とすれば1年で終わらなければならない有り様が不本意で忸怩たる思いでしょう。私も今の立場を去る時が必ずくるはずですが忸怩たる思いで去るのは嫌ですね。そうならないように普段の有り方を考えておかなければなりませんね。
posted by 椿原城太郎 at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする