2021年06月25日

李麗仙

私が好きだった女優の李麗仙さんの訃報を聞きました。彼女は状況劇場という劇団の看板女優でした。私が初めて彼女の舞台を見たときの衝撃はいまでも忘れません。彼女の作品で腰巻きお仙のシリーズでのあの肉体の使い方は演技というより舞台空間に同化させるような演出を感じました。不思議でぞくぞくとしたエネルギーを私に与えてくれました。ありがとう李麗仙、ご冥福を祈ります。
posted by 椿原城太郎 at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする