2020年09月02日

梨のかんぶくろかけ

故郷の友人から梨を送って頂きました。もうこの時期かと本日の朝食から頂いております。暑い寒いで季節を感じることはよくありますが食べ物で季節を感じるのは楽しい一瞬があります。その一瞬を与えてくれた友人には感謝しております。私の母は私が幼かった頃梨の実に虫がつかないように袋で包むパートをその季節になるとしていました(その仕事を故郷では「梨のかんぶくろかけ」と呼んでいました。)。私は母が働く梨園で邪魔にならないように遊んだ記憶があります。梨を頂いて一気に思い出しました。ありがたいですね。
posted by 椿原城太郎 at 17:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする