2020年07月01日

坊ちゃん 

私の住まいの向かい5軒左隣に若いご夫婦がお住まいで一人男のお子様がいらっしゃいます。この男の子は言葉を交わす間柄ではありませんが、幼保園のころから知っています。何故知っているかと言えば私の出勤時間と彼が出かける時間が同じなので必然的に顔見知りになるわけです。彼は今小学生になりました。ランドセルを背負って3年くらいになりますから多分3年生だと思います。彼は学校に行くときは毎日お母様に表通り迄お見送りをしてもらっています。本日もお母様は手を振っていらしておりました。私には幼い時そういう経験がないのでなにかTVドラマの1シーンをみているような気分になります。私は数年前から彼のことを 坊ちゃん と心の中で呼んでいます。楽しみなのはいつお母様のお見送りがなくなるのか私は立ち会いたいと思っております。
posted by 椿原城太郎 at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする