2020年06月20日

100年

本日は久し振りに現場に立っております。思えば3月一週目が前回ですから3ヶ月ぶりということになります。この業界に入って40年になりますが初めての体験になりました。世間では100年に一度の災禍といっておりますのでこの次が起きる頃は私はこの世にはおりませんがある意味貴重な体験をしているのかもしれません。まああまり嬉しくはありませんがここは全力で生き残りをかけて力を尽くさなければなりません。
posted by 椿原城太郎 at 17:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする