2020年04月18日

神聖

キリスト教は労働をすることを悪としているとある本で知りました。ですからこの悪で稼いだお金で余分なものは寄付をして御祓をする文化があるということです。私は日本人なのでこの文化はありません。どちらかというと労働は神聖なものでできるものなら一杯働いてお金も稼ぎたいと思っておりました。ただ私もこの頃は私と家人の二人になりましたので二人がやっていける分があればいいと思うようになりました。かといって短時間の労働でよいとも思っておりません。私は課題解決で働いておりますので時間は関係ありません。ですから長時間かかっても能力の不足を指摘されることはあっても褒められることはありません。
posted by 椿原城太郎 at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

ウグイス

3月に入ってから会社の前の公園の林からウグイスがきれいな声で鳴いてくれております。写真の木々の内のどれかの木に止まっているものと思われます。本日は特にきれいに鳴いてくれましたので、出勤途中立ち止まって聞き入ってしまいました。鳴き声の特集されたCDがありこれも鮮明に聴くことはできますが、こういう風景の前に立ち微かに木々が風にこすれる音などが混じった音などがアンサンブルされたライブ音はなんともいえず心地がよく私自身をその場に溶け込ませてくれます。ひとときの和みと言って良いでしょう。ありがたいですね。

ウグイス200417.jpg
posted by 椿原城太郎 at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

1900年代

私は歴史が好きで井沢元彦さんの著作をよく読んでいます。その中で彼がよくいっているのがその時代に生きている人の気持ちになって出来事を観ないと正しい理解はできないと言っています。その通りだと思います。私は1900年代生まれの人間でその時代の空気はよくわかります。今2000年代となり空気はがらりと変わっているように思います。私の精神構造は今の時代に合っていないように思っております。その証拠に今に合わせようとすると息苦しくなります。1900年代の化石としての私の存在があるのかもしれません。私は今を理解できていないだけで否定しているわけではありません。
posted by 椿原城太郎 at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする