2019年11月19日

ワールドカップ

ラグビーのワールドカップの試合を観て勉強になった事が2つあります。それはスクラムと横のパスについてです。何人か肩を組んで力を集中させて相手のスクラムを壊していく力、ボールを持って前進し相手から攻撃を受けるとパスを渡してボールを前に進める力、これは個人技だけでは出せる力ではなく、味方を信頼し、思い切って進んで行く姿には会社をみているものとしてとても参考になりました。通常は個人技に頼っておりますが、集合して力をだすことはできるのか、私の横バスを受け取ることができるのか、考えると体が硬くなってしまいました。私の後数年の課題が見つかったような気がいたしました。
posted by 椿原城太郎 at 18:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする