2019年10月23日

些末な話しで恐縮ですが自宅のトイレの調子が悪くなったので新しい物に替えて貰いました。毎日使用するものなのでよいものがいいと思い最新の品物にいたしました。これには驚きました。トイレのドアを開けるとトイレの蓋が自動で上がるのです。また用をたしたあと自然に水が流れ蓋が閉まるのです。これには参りました。これまでの作業が無くなりなんとなく手持ちぶさたになりましたがこれに慣れてしまうととんでもないことがおこるのではないかと思いに至りました。仮にこの便器しか知らない人が停電などがあった時対応が出来ないのではないかと思ったのです。これは怖いことではないでしょうか。便利は人の動作機能を退化させてはいけませんね。とはいえ私はこれを毎日使ってます。
posted by 椿原城太郎 at 17:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする