2019年01月28日

何者

この頃特に自分は何者なんだと思うことがあります。簡単に言えば山陰に生まれ育ち高校を卒業し、東京の大学で妻に出会い子供ができてそのままこの地で仕事をし生活をしており、多分この地で死んでいくものと思われます。今の生活や生き方を子供の頃から模索していたわけでもなく、全く想像もしておりませんでした。全くもって不思議です。今後どういう展開有り様も2年〜3年くらいは想像できますが、10年はできません。仮定しろと言われればすることはできますが、それは方便ににた嘘です。本当の私は一体何なのか死ぬまでには見つけたいですね。
posted by 椿原城太郎 at 18:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする