2019年01月20日

波長

長く営業をしているとどうしても波長が合わないお客様がいます。私どもはイベントを売り込んでいる関係からどうしてもお金を支払って頂く方の意向を踏まえるのが大前提にありますがそれがそういう打ち合わせをしている時など最低限のものとなり企画自体が失敗してしまいます。結局自分に降りかかってくるもので、そういう場合は予め打ち合わせ事項を細かく紙に書き確認しながら進めるようにしております。そうして失敗を防いでおります。但し大成功というものはありません。
posted by 椿原城太郎 at 18:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする