2018年11月16日

書斎

私には恥ずかしいお話ですが、自宅には私の書斎がありません。本当は3畳でもよいので、書斎が欲しいと思っておりますが家人の許可がおりないので、もっぱら自宅での作業は一階の居間になってしまいます。まあそれでもよいのですが、一人になれるのは、早朝もしくは深夜の時間帯になってしまいます。若い時から自宅の事は家人にお任せしておりましたので、自宅の有り様は家人の考えが専権事項になっております。まあこれはこれで認めなければならないとは思っております。私は気を長くしてこの望みを持ち続けていこうと思います。
posted by 椿原城太郎 at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする