2018年07月18日

比較

連日の猛暑ですが、どうも体が適応してきたようです。夕方の涼しさが気持ちよく感じられます。確かに昼間の暑さは今でも耐えられませんが、それを過ぎた後の温度が下がった時の気持ちよさはなんとも言えない感覚です。つくづく人は比較で生きているものだと思います。良きにつけ悪きにつけこうやって生き続けていくものでしょうか。
posted by 椿原城太郎 at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする