2017年12月14日

差配


時に自分はいつまで生きることができるだろうと考えることがあります。私の予定では75才くらいがいいかなと思っておりますが、こればかりは正直いってわかりません。私はこれまで死んでもいいような状況を3度体験しております。それでも死んでいない今の状況を考えると私の想像を超えるあるものが私の命を差配しているように思えてなりません。そう思う私が正しいかどうか全く自信はありませんが、ただ差配を受ける日は必ず参りますからそのときまで,1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。
posted by 椿原城太郎 at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする